焚火の注意点

焚火の注意点
お役立ち情報

焚き火を楽しむ際の注意点やマナー

 

キャンプの醍醐味といえば「焚き火」ですよね。

キャンプファイヤーとしてだけでなく、焚き火料理をするためのコンロにもなりますし、寒い冬キャンプでは暖をとるのにも大活躍します。

 

 

1.焚き火台は必須

ほとんどのキャンプ場では、地面に直接薪をくべて火をつける「直火」スタイルでの焚き火は禁止されています。

そのため、焚き火を楽しむためには「焚き火台」は必須アイテムと言えます。

 

2.寝る30分前には消火する

寝ている時間は焚き火を消しましょう。

焚き火台は消えた後もかなりの熱を持つので、目安としては就寝の30分前には消火すること。

次の日も使うことを考えて、水で消火したりせず、できれば燃え尽きるまで待つのがベストです。

 

キャンプ場や利用施設の最低限のルールとマナーを守れば

トラブルや問題が起きることなくキャンプを楽しめるので

事前に確認しておきましょう。

動画で紹介キャンピングカー

キャンピングカーの魅力を動画でご紹介!